PUT ON:プットオン和紙の帽子

PUT ON:プットオン は、一点一点手作りされる帽子メーカー。

遊び心を持った大人の女性が被る日常使いの帽子として、
雑誌や専門誌にたびたび紹介されています。

2008年SSで和紙の帽子を企画していると言うことだったので、
気になっていましたが、

京都、大阪の高島屋で展示即売会を開く。
※期間限定イベントショップ

京都高島屋
2008-04-23〜04-29

大阪高島屋
2008-04-30〜05-06



2008年SS(春夏)のコレクションは
強度のある洗える和紙の帽子
ブリム(ツバ)の広い麦藁帽子
どんぐりのようなデザインのベレー
などなど・・・・。

展示販売イベントには、デザイナーの
大山記世さんも出席し、帽子の楽しみ方など
アドバイスも行う。
posted by トミーファッション at 15:54 | 帽子

林八百吉2008年〜雨、紫外線カバーつき

林八百吉 は、
2008年春夏から、雨が降っても帽子のポケットからナイロン製のカバーを出して、帽子全体を覆う「カバーズハット」を発売する。

紫外線にも効果があり、帽子の後部などに設けたポケットからジッパーを開閉して出したり収納したりする。

風などでなくならないように、カバーの端はポケットに縫いつけられている。
メッシュのハット、キャップ・・3980円
メンズ主体だが、色によってはユニセックスに対応する。
posted by トミーファッション at 14:52 | 帽子

AneCan大桑マイミさんイメージの帽子

帽子メーカーの「林八百吉」は、
『AneCanモデルの大桑マイミさん』と協業しテ企画・デザインした帽子を販売する。
今秋冬は、プレビュー。来春から本格販売。

「帽子が好きで、その日の洋服に合わせて帽子も変える」
「長くかぶってもはだにストレスを与えないもの」
として素材にこだわったと話す。

今秋冬は、
ニット、ハンチング、アンゴラのキャスケット、エレガントなツバ広など19型を提案。AneCan世代、学生、20代前半にアピールする。
4800〜7000円


トップ、ボトム、洋服にシューズを合わせたりと、アウターのアイテム数は多いのに、意外と帽子は数多く持っていない。
日本人も、もっと帽子のコーディネートを楽しんでもらいたいと思う。
(ブログ管理人)
posted by トミーファッション at 13:15 | 帽子

PUT ON:プットオン、和紙の帽子

PUT ON:プットオン
〒542-0012
大阪市中央区谷町6丁目5-41
TEL&FAX:06-6768-8058

デザイナー:大山 記世
1997年オリジナルブランド PUT ONを設立。
2000年SHOP兼アトリエをオープン。

シーズンでのテーマは特に決めず、大人の女性が遊び心を持って 『日常』 にかぶる帽子を
テーマに一点一点アトリエにてスタッフとともに製作しています。


プットオンは、2008年春夏に和紙で作った帽子を販売する。
中折れ帽やチューリップハット。

渋柿染めを施した中折れ帽は、揉みこんだ和紙を使用しているため、
形を気にすることなく、コンパクトに持ち運びすることができる。
まるでレザーのような風合い。
ハトメ、革をポイント使いした作品。
手洗いすることもできる。
ツバの上の麻紐でサイズを調節することができる。

染めていないままのチューリップハットもある。

セレクトショップ、専門店で販売する。

ショップリストは コチラ
posted by トミーファッション at 10:09 | 帽子

LA LUZ DEL GORRA ラ・ルース・デル・ゴーラ

LA LUZ DEL GORRA ラ・ルース・デル・ゴーラ
(スペイン語で“帽子の光”を意味する)

帽子デザイナー高橋 和恵さんが06年秋冬から始めたレディスブランド

丁寧な曲線の表現と頭にきれいに沿わせるシルエットが特徴で、レディスショップ、帽子専門店を中心に卸している。

展開ショップ 「CA4LA」・・

PLUG INプラグイン(繊研新聞が主催する展示会)2007年10月22〜24日
EBIS303(エビス スバルビル2F)に出展。
08年春夏のテーマは「航海」。
船旅のシーンと、波が織り成す曲線を表現した防止が揃っている。
中折れハットなどマニッシュな型を使いながら、女性らしさを失わないディテール表現に凝っている。
ひも状の2本のデニムを絡ませた波のモチーフの帽子は力作。
「夏は特に、形に機能性が求められるので、飾りでの演出を大事にしています。」とコメント。

そのほか、巻貝をイメージしたキャスケットなど・・。

素材はリネン、ジュート、麻混中心でナチュラル感を出している。
13型前後を出展
小売価格は9000〜30000円


高橋 和恵
LA LUZ DEL GORRA(ラルースデルゴーラ)
高橋 和恵 LA LUZ DEL GORRA(ラルースデルゴーラ)
帽子専門学校 「SALON DE CHANPEAU」卒業。
在学中から帽子メーカーに勤務し、企画からパターン、縫製生産までを担当。
2006年7月に退社し、フリーの帽子作家として活動をスタート。
ブランドを立ち上げる。独立後まもなくドラフト!の広告を見て、1つの大きなチャンスだと思い、参加を決意。帽子1つづつにストーリーを創造し、デザインからパターン、製法まで全ての過程は手作業で行う。遊び心のある楽しい曲線を表現し、かつ被り心地のよさも追求。「日常生活で目にする帽子の方が、“ただの帽子”と捉えるよりハッとしたり、気分が高揚したりする。そんな存在であり続けたいと思っています」。現在はレディースが中心だが、今後はメンズラインも展開する予定。

株式会社エーツーにも所属
プロフィール
posted by トミーファッション at 15:13 | 帽子

miss Cabour:ミスカブール、KiKi Seno'r:キキ・セニョール

miss Cabour:ミスカブール(KiKi Seno'r:キキ・セニョール)
は、セレクトショップに卸すなど実績のあるレディス帽子メーカー。

メンズ合同展「ジャーニー」で、女性目線のメンズ帽子を出した。
繊細で色目の美しさ、甘い感じが特徴。
テーマはラテンモード。
淡いパステルトーンのシャツ生地やコーヒーの豆袋の生地を使ったもの
コーヒー豆の生地には木や鳥のプリントがある。
ハンチング、ハットを企画。

ショップリストは コチラ
posted by トミーファッション at 19:35 | 帽子

Rmp(Rohw master product)

Rmp(Rohw master product)東京都渋谷区代官山12-16
シンフォニー代官山203
Rmpは「made in JAPAN」にこだわり、これからも日本で物作りが繁栄することを願って設立されたブランドです。
Rmpには明確なデザイナー、パタンナーは存在しません。
その時々、商品毎により各々の分野での専門家の知識や技術を結集し、表現する場としてRmpは存在しています。つまり、Rmpでは物作りに関わる全ての人々が遍くプロデューサーであり、ディレクターであり、デザイナーなのです。Rmpの物作りに携わった全てのスタッフがプロとして仕事を全うし、それが一個の「物」に集約されたとき、それははじめて「Rmp」としての「存在意義」を認められるのです。


代官山にある帽子屋RohwのShopBlog
posted by トミーファッション at 08:36 | 帽子

GENERAL DESIGN:ジェネラルデザイン、高島屋新宿店で期間限定のショップ

GENERAL DESIGN:ジェネラルデザイン
帽子メーカーのGENERAL DESIGN:ジェネラルデザインは、2007/9/19〜10/2まで、高島屋新宿店で期間限定のショップをオープン。オリジナルブランド「MANIERA:マニエラ」を中心に高島屋オリジナルモデルも販売している。
(6階紳士雑貨売り場)
円柱の黒箱を並べて重厚さを出した。「百貨店に服を買いに来た30〜40代を狙って、一格上の帽子ショップを演出したい」とジェネラルデザイン社長の弁。
ハット、キャップ、ハンチング、ニット帽、などスワロフスキー使いもある。

メンズ中心のメーカーだが、ソフトな作りのため性別、年齢に関係なく売れている。
日本では、世界に認められる帽子のブランドが無く、単に欧米のコピーではなく日本人の職人に培われた物づくりのこだわりを大事にして、オリジナルの商品を作っている。

洋服にあわせて、というよりも、帽子も洋服と同じように一つのアイテムとして着こなして欲しいと思う。(ブログ管理人)

「MANIERA:マニエラ」どこで買えるの?

■MANIERA

取り扱い店舗
adam et rope各店舗

EDIFICE各店舗

TOMORROW LNAD各店舗


BEAMS各店舗

※ 取扱店舗、内容に関してはお手数ですが、
  最寄のショップに直接お問い合わせください。
agreablmant 高松
760-0052 香川県高松市瓦町2-3-6
087-862-0423

agreablmant 岡山
700-0821 岡山県岡山市中山下1-8-45
086-212-2515

agreablmant 松山
790-0002 愛媛県松山市二番町3-3-8
089-998-8840

cave
550-0015
大阪市西区南堀江1-11-9 SONO四ツ橋ビル102
06-6543-0320

No Answer(2007S/S Start)
910-0006 福井県福井市中央1-20-17丸越ビル1F
0776-36-8087

mature
650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-5海岸ビルヂング209号室
078-333-5060

Rohw(直営店)
150-0034
東京都渋谷区代官町12-16 シンフォニー代官山203
03-3464-6687

ZEEL (ONLINE SHOP)
03-6820-0130
posted by トミーファッション at 00:53 | 帽子

第7回インターナショナル帽子コンクール:フランスリヨン帽子美術館

第7回インターナショナル帽子コンクール

2007年5月27日に行われた上記コンクールで
1位、3位9位10位と4人の日本人が入選しました。

PRIZE-AWARDED WINNERS 2007

Mariko TANIZAWA   1st Prize
Yasaka MAKIKO     3rd Prize
Keiko MINAMIMOTO  9th Prize
Setsuko KATO     10th Prize 

コチラからごらんになれます。
http://www.museeduchapeau.com/index7.htm (フランス語)
フランス語対応でないと文字化けするかも知れません。

世界に羽ばたく帽子のデザイナーが育って欲しいですね。
posted by トミーファッション at 02:05 | 帽子

日本の帽子事情

日本には、世界で認められる帽子のブランドが無く、まだまだ発展途中といえるかもしれません。
とはいえ、2007年にリヨンで行われた帽子のコンテストでは1位、3位
9位、10位と4人も入っているという快挙。

帽子のデザイナーも増えてきています。
また、日本で帽子といえば、カジュアルの一つのようなとらえ方で、
フォーマルに帽子をかぶるという習慣が薄く、帽子の販売自体もやっとこの何年かカジュアルな帽子といわゆるハットとのバランスが取れてきた感じです。

フォーマルではなくても、付属的なものではなく、洋服の一つとして身に付けるスタイルが出てきたことも嬉しいことです。

ところで07〜08秋冬の婦人帽子は、スカートやワンピースとコーディネートでき、女性らしい商品が増えてきました。
また、コサージュなどの付属品をつけたものが減って、シルエットやボリューム感のあるものが主流。
温かい風合いのものが多く、夏場とは違い素材のバリエーションも豊富

シンプルでシルエットが美しく、存在感のあり、きれい系の色合い、帽子としてのボリューム感のあるもの・・といえます。

posted by トミーファッション at 01:27 | 帽子
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。